理事長メッセージ

理事長メッセージ ~コーポレートストーリー~

虫歯だらけだった小さい頃
空を飛ぶパイロットに憧れた小学生
証券マンを目指した高校生
歯科とはかけ離れた生活を送っていた少年は
友達との出会いによって歯科医を目指した……

厳しかったけどユニークな師匠に就いた勤務医時代に培ったこと。それは、さまざまな環境や生活スタイルを持っている患者さまそれぞれの、想いを組んだ治療を施すということ。

理事長メッセージ ~コーポレートストーリー~

それに加え、海外では一般的な「予防歯科」という考え方。定期検診ひとつとっても、スウェーデンでは90%以上の人がその習慣を持ち、アメリカやイギリスでも70%以上、これらと比較し日本ではわずか2%しか定期検診の習慣がなく、 80歳での平均残存歯数では大きな差が付いています。

理事長メッセージ ~コーポレートストーリー~

そのような想いを抱いて2008年に「けんと歯科」を開業。子供からご年配の方まで、分け隔てない歯科診療・治療を施すために、バリアフリー化やキッズスペースも確保。歯医者への苦手意識を少しでも緩和するために、診療室に入る前からリラックスできるようにと、ゆとりある空間を演出しています。

歯医者は、虫歯になってから来るものではなく、虫歯にならないようにするために通うところというスタンスを大切に、予防歯科・定期検診・メンテナンスに力を入れた歯科診療を実践。2015年には「ところざわの歯医者さん」を開業し、医療法人洛鳳會としてさらなる飛躍のときを迎えます。

理事長メッセージ ~コーポレートストーリー~

“歯医者はピエロ”。もうひとつ師匠から教わった大切なこと。 コンビニエンスストアより多くある歯医者の中から、わざわざ選んで来てくれた患者さまに、治療を通じて喜びと笑顔を提供すること。「予防」と「治療」、さらに「美容」という3つの分野から、ひとりひとりにあった総合的なお口まわりの健康へアプローチ。お腹の中の赤ちゃんのときから、お年寄りになるまで、一生通い続けられる医院環境を整えています。

医療法人 洛鳳會 高島 健人